WEB予約・24時間受付中

こだわり|野田市の歯医者、伊東歯科医院では、より精密で安全な治療を実現しています。

伊東歯科医院

〒270-0226
千葉県野田市東宝珠花120-2

歯医者の選び方2019年

■診療時間
【平日】9:00~12:30/14:00~18:00
【土曜】9:00~12:00/13:00~16:00
■休診日:木・日・祝

お問い合わせはお気軽に

0471988049

こだわり

1. 滅菌・院内感染対策

滅菌処理しているもの

  • 診療基本セット(歯科用ミラー、歯周ポケット用探針、ピンセット)
  • 手術器具
  • タービンのバー(歯を削るドリルの先端部分)
  • リーマー、ファイル(歯の根の治療をする時、細菌に感染した歯質を掻きだす器具)

基本セットと抜歯および外科用器具などは、個々に滅菌用パックに入れて滅菌。使用する直前に開封するので、保管中に雑菌で汚染されることはありません。

使い捨てにしているもの

  • 紙コップ
  • 注射針
  • 麻酔液
  • グローブ(ゴム手袋)
  • PMTC用ラバーチップ
image
image

2. 無痛治療

image

①表面麻酔を使います。

麻酔を打つ部分に表面麻酔を塗るので、針を刺す時に痛みの感覚がほとんどありません。

②麻酔液を人肌に温めます。

麻酔液が体温より温かすぎたり冷たすぎると、体が敏感に反応してそれが痛みにつながります。当院では、体温に近い人肌くらいの温度に温めてから注射します。もちろん温めても麻酔液の品質には影響ありません。

③細い注射針を使います。

太い針より細い針の方が痛みを感じにくい、というのはイメージして頂けると思います。当院では、麻酔が痛くないように非常に細い注射針を使用しています。

④ゆっくり麻酔液を入れます。

急いで麻酔液を注入すると痛みを感じたり、体調が悪くなってしまう場合もあります。当院では、コンピュータの自動制御により、痛みを感じにくいスピードで注射します。

⑤麻酔が効くまで待ちます。

麻酔を行ってすぐ治療を始めると、痛みを感じる場合があります。一度痛いと感じてしまうと痛みに敏感になり、つらくなってしまいます。当院では、麻酔が効いたことを確認してから治療に入ります。

3. 精密な治療

image

拡大鏡

最新の知識や機器、技術があっても、ちゃんと見えなければ確実な治療を行うことはできません。人間に肉眼では見えないような細かい治療を確実に行うために、当院では2~5倍くらいの倍率で口の中を見る事ができる拡大鏡(ルーペやテレスコープとも言われます)を使っています。

患者さんの口の中を肉眼で見るのと拡大鏡で見るのとでは、見え方が全く違います。精密な治療を行うために、拡大鏡は欠かせないと実感しています。

マイクロスコープ

日本では拡大鏡を使う医院はあっても、マイクロスコープを使用している医院はまだ数%にとどまるそうです。どんなに集中したとしても、またどれだけ歯科医としての経験を積んでも、肉眼での治療には限界があります。歯科医院では、数ミクロンという単位での治療を行うからです。

マイクロスコープを使うと、口の中を6~32倍の大きさで見ることができます。より正確でより精密に、そしてより安全な治療を行うために、当院では歯の根の治療や詰め物、被せ物の細かい調整、手術の縫合時など、幅広くマイクロスコープを使用しています。

4. レーザー治療

image

歯周病の治療

歯茎が腫れた場合は、レーザーで歯と歯茎の間から膿を出すことで、痛みと腫れがやわらぎ早く治癒します。また、歯茎にレーザーを当てることで、殺菌効果も期待できます。

根管治療

歯の根や歯の神経を治療する時、レーザーを当てると歯の根の内部を殺菌することができます。また、痛みや腫れ、炎症なども早くおさまります。

5. デジタルレントゲン

image

これまでのレントゲンと比べてデジタルレントゲンは、次のようなメリットがあります。

  • 少ないX線できれいな撮影ができるので、被ばく量をかなり軽減できる
  • 撮り直しになることが少ない
  • 鉛のエプロンをすれば、妊娠中の撮影でもほとんど問題がない
  • 撮影後すぐに使用できる(デジタルなので現像に時間がかからない)
  • パソコンのモニタで濃度の調節や拡大、縮小が可能なのでより的確な診断ができる
  • 患者さんに分かりやすく説明できる
  • 現像液を使わないので、環境に優しい
  • デジタル画像なので、劣化せずに保存できる

6. 歯科用CT

通常のレントゲン診査では、歯と顎の骨の位置関係、大きさなど、歯科医師の経験や感覚に頼る部分が大きく、それが診断を左右していました。

CTを導入したことで、今まで見えなかった部分が確認できるようになり、安全性や確実性が格段に上がりました。主にインプラントや親知らずの治療、顎の治療、矯正治療、歯周病治療の際に使用します。

歯の治療は、精密に行えば行うほど自分の歯を長く残せる可能性が高くなります。また、噛み合わせなどは全身のバランスにも大きく影響を与えるので、健康面でも重要です。

「いままで歯の治療をしてきたが何となく違和感がある」「治療してもすぐにまた治療が必要になる」など、お困りのことがありましたら、当院にご相談ください。

image

一般的な医科用CTの約10分の1の放射線量。時間も短く、楽に撮影できます。

image

歯や骨の状態が3D画像で立体的に見えるため、より詳細な診断が可能になりました。患者さんにとってご自分の顎の状態を分かりやすくご覧頂けるので、納得して治療を受けて頂けます。

診療時間

▲・・・9:00~12:00・13:00~16:00
【休診日】木曜日、日曜日、祝祭日

0471988049

詳しくはこちら

ページトップへ戻る